スポンサーリンク

レモンクォーツのほのかな黄色は鎮静のパワー 爽快な透明感は夏に最適

レモンクォーツ(Lemon Quartz)は、水晶の中にサルファー(硫黄)が混入したことから、涼しくて軽やかなレモン色の輝きをしています。

黄色いクォーツでは、シトリン(黄水晶)がポピュラーなのですが、こちらは鉄イオンによる発色で、レモンクォーツのさわやかなレモン色とは発色原因が異なるために別種の宝石とされています。

シトリンは明るいゴールド系の黄色で力強さを感じますが、レモンクォーツは、穏やかな鎮静のパワーを持っています。

レモンクォーツの表面を硬いものでこすると、かすかに硫黄の香りがします。硫黄には精神のバランスを保つ効果があり、混乱を鎮めて不安を解消し悪霊や夜の妄想から身を守ると言われています。

レモンクォーツの天然の産出は非常に珍しく、人工的に作ることも難しいので、希少価値が高い逸品です。

▼ジュエリー&アクセサリー 最新売れ筋ランキング


レモンクォーツの黄色が暗示するもの カラーセラピーとヒーリング効果


レモンクォーツの黄色が暗示するものは、カラーセラピーの世界では孤独と知恵です。

黄色を好む人は幼少期に孤独と淋しさを味わっている場合が多く、持ち前の頭のよさと機転を活かし、交渉事にたけた外交的な性格になるといわれています。また、バイタリティーのある石なので、もう一息という時にエネルギーをチャージしてくれるでしょう。

レモンクォーツのヒーリング効果には、炎症を抑え、強い浄化の力で血液やリンパの流れを促進する働きがあり。皮膚を活性化させるので美容への効果も期待できます。

また疲労回復にも良い石で、ストレスからくる肌荒れ、偏頭痛、不眠症などにも効果的。食欲のないときに胃のあたりに置いてヒーリングするのもオススメです。

昔から、癇癪(かんしゃく)や偏頭痛、卒中の発作に効果があるとされ、皮膚病の治療にも用いられたそうです。

クォーツの仲間には強い自浄作用があるので頻繁な浄化は必要ありません。日常は無色透明のクリスタルのそばに置き、時に冷やしたミネラルウォーターでよくすすぐと良いでしょう

ペンダント、リング、ピアスなどのほか、レモンクォーツが肌に直接触れるブレスレットなどを身につけることにより高いヒーリング効果が得られるとされています。

レモンクォーツの涼やかで、すがすがしい色味には見ているだけでパワーが沸いてくるような不思議な力があり、太陽の輝く夏にぴったりのジュエリーだといえるでしょう。
     ↓
レモンクォーツのパワーストーン&アクセサリー


スポンサーリンク