冬の子供に注意したい、風邪やインフルエンザ、感染性胃腸炎の罹患



冬は子供の感染症の流行が心配ですね。もっとも代表的なのが風邪とインフルエンザです。風邪症候群(普通感冒)は、発熱や鼻水・鼻づまり、喉の痛み・せき・くしゃみなどの症状がおこります。通常は一週間程度で治りますが、こじらせると肺炎や気管支炎に移行することもあるので注意が必要です。

インフルエンザは11月から4月頃まで流行することが多く、風邪の症状に加え、急に38℃以上の高熱が出て、頭痛・関節痛・筋肉痛などが全身に及びます。インフルエンザは感染力が強いので、子どもや高齢者がかかった場合には特に注意が必要です。気管支炎、肺炎、中耳炎、熱性けいれん、まれにインフルエンザ脳症などの合併症を起こす恐れもあります。また鳥インフルエンザなどの新型インフルエンザの流行に備えて日常からうがい手洗いマスクなどの予防対策をしましょう。

感染性胃腸炎も冬に流行する感染症で、ノロウイルスによる胃腸炎が11月から1月頃、ロタウイルスが1月から4月頃にみられます。症状は嘔吐、下痢、発熱(微熱)などで、嘔吐物による窒息に注意が必要です。ロタウイルスにおいては、まれに肝障害、けいれん、急性脳炎を起こすことがあります。どちらも、感染した人の便や嘔吐物にウイルスが含まれ、感染力も強いため、子どもの通う学校などで流行して集団感染をひきおこすことがあります。


子どもが風邪、インフルエンザ、感染性胃腸炎に感染したときは

スポンサーリンク


子供に風邪のような発熱や下痢・嘔吐などの症状が見られる場合は、やはり早めに医療機関を受診することが大切です。インフルエンザの感染が疑わしい場合も病院で検査を受けて調べましょう。感染症の場合、家庭で市販薬などで治療していると二次感染を引き起こす可能性があります。まず発熱や下痢・嘔吐などの症状の原因を確認することが重要だからです。

ノロウイルス、ロタウイルスなどによる感染性胃腸炎の疑いがある場合も、すみやかに医療機関を受診するとともに、二次感染を防ぐための対処が必要です。具体的には、子どものおむつや汚れた下着などは、ビニール袋などに密封して処分し、飛沫感染を予防するためマスクや手袋を着用して作業しましょう。感染した子どもが使用したタオルなどを共用しないように注意し、吐瀉物を拭いた雑巾なども密封して処分します。塩素系漂白剤を薄めて消毒しておくことも重要です。

また、子どもが感染症にかかって発熱や下痢・嘔吐を起こした場合は、脱水症状を起こさないように注意しましょう。脱水状態時はお茶や水ばかりの水分補給ではミネラル不足を起こして状態を悪化させる場合がありますので、硬水ミネラルウォーターや経口補水液を与えるのがより良い水分補給法です。


風邪にまけない体づくりに免疫力を高めるサプリメント

免疫力強化で風邪を予防するサプリメント

【免疫ミルク】いつまでも若々しく元気でいたい方


スポンサーリンク