冷え性改善の基本は、血行を良くしてカラダの中の冷たさを追い出すこと



冷え性や冷えは、カラダの外側が感じる「寒さ」とは違い、カラダの内部が常に冷たく感じる症状のこと。体が冷えて血めぐりが悪くなると、頭痛や肩こりや全身のだるさなどに見まわれ、生理痛も悪化します。カラダの代謝を改善して血流を良くすると、酸素や栄養素がカラダの隅々まで行き渡り、冷えも解消されますので、まずは温めることから実行しましょう。


体の温め方・冷え性にNGな食べ物・冷えに良い飲み物

●体をあたためて冷えを解消:寒さと言えば一番に思いつくのが携帯カイロですが、冷えに対して効果的な貼り場所はお尻の上あたり。仙骨付近に貼ると自律神経を活性化させて全身が暖まります。また最近復権して来た湯たんぽや、電子レンジでチン!する保温剤も冷えには有効。当てるのは太ももや腰、おなかや足首など。暖まったら次の場所にローテーションさせてゆくと良いでしょう。低温やけどの防止にもなります。

●女性のためのハーブカイロ→ よもぎホットシート

●食べ物で冷えを解消 :東洋医学では体を温める食べ物を「陽」の食材と言いますが、このような食べ物をたくさん摂って、体を冷やす食べ物を避けるのも大切なポイントです。温まる食材の代表がショウガ、ネギなど。ショウガには発汗作用があり、ネギは血行促進成分を含有。肉や魚も「陽」に含まれます。やっぱり鍋は最高ですね♪。体を冷やすとされる「陰」の食材として牛乳、りんご、バナナなどがあります。

●国産金時生姜を丸ごと摂れる生姜湯お試しパック→ 温効生姜オンラインショップ

●飲み物で冷えを解消:温かい飲み物でも体を冷やすものがありますので注意してください。それはカフェイン。コーヒーや濃い緑茶は、カフェインを多く含みますので体を冷やしてしまいます。温まるのは紅茶や番茶。ショウガやシナモンを加えるとさらにパワーアップします。

●静岡産緑茶と高知産生姜のぽかぽか茶→ イトク しょうが緑茶 チャック袋 30g


指先、手首のマッサージや、重ね着の工夫で冷えを解消

スポンサーリンク


●ツボ押しやマッサージで冷えを解消:体の先端部は血管の動脈と静脈の折り返し点になります。指先などがその末端ですが、ここをもんだりマッサージして温めると心臓方向へ戻ってゆく血流が活性化して、からだを温めてくれるのです。

◯手首などの細くなった部分では、血管の密度が高くなって血流が悪くなりやすいので、マッサージで刺激して血行を良くしてやると上半身がぽかぽかしてきます。

◯アタマをスッキリさせたいときには、両耳をつまんで引っぱったり、手のひらを当てて前後にこすったりを繰り返すと耳や頭部の血流が改善され、目の疲れや頭痛などに効果があります。

●重ね着や腹巻きで冷えを解消:昔から冷えには腹巻きと良く言いますが、それは現代でも同じです。おなかを温めると内臓の働きが良くなって冷えを撃退してくれるからです。上手に温めるコツは腹巻きや薄手のアンダーウェアの重ね着。重ねた数だけ間に空気の層ができるので保温効果が向上します。注意すべきは、締め付けすぎないように。かえって血行が悪くなっては元も子もありません。

●シルク+遠赤外線で首から肩まで温める→ シルクネックウォーマー
●ゲルマニウム+備長炭パッドでお腹ぽかぽか→ 便秘解消腹巻

温めすぎて汗をかくほどではやり過ぎです。低温やけどの原因にもなりますのでご注意を。気持ち良い程度にほどほどに温めて、じっくりと冷えを解消してください。


冷え性・冷えの改善対策に役立つおすすめアイテム



スポンサーリンク