省エネ住宅は高断熱性と高気密性構造に最新の太陽光発電システムを装備

●積水ハウス:全ての戸建住宅に独自の省エネルギー仕様と高効率給湯器を標準採用している。「CO2オフ住宅」では床や壁、天井などに高性能断熱材を、窓には複層ガラスを採用した高度な省エネ技術を用いて居住時のCO2排出量を削減したうえ、太陽光発電システムと燃料電池による自家発電を行なって、残りのCO2排出量を差し引きゼロにするというコンセプト。LED照明や省エネ型便座、高効率エアコンなど、最新の省エネ機器を採用している。

●ミサワホーム:「HIBRID-Z(ハイブリッド・ゼロ)」を販売しているミサワホームでは、「次世代ゼロ・エネルギー住宅」を開発中。エネルギー利用効率や断熱性能をさらに高めて、発電エネルギーが、建設時に排出したCO2も回収するという。高断熱の外壁やサッシ、ヒートポンプ冷温水システムに効率の良い太陽光発電システムを組み合わせた実用化をめざしている。

●住友林業:主要構造材に国産の木材を採用した木の家「My Forest-Solabo(マイフォレスト-ソラボ)」は太陽光や風などの自然の力を上手に取り入れて最大限に活かす「涼温房」の設計手法に最新の省エネ技術と太陽光発電システム、オール電化をプラス。住む人あわせた個別設計の省エネ住宅を展開している。


CO2ゼロ仕様へ向かうエコ住宅。自然の力を取り入れて活かす設計手法も

●セキスイハイム:積水化学工業の太陽光発電システム搭載住宅は6万棟を超える実績がある。「ドマーニシリーズ」は高機密で高断熱の構造をベースに太陽光発電システムやエコキュートなどの省エネ設備を採用してエコな住宅を実現。

スポンサーリンク


●トヨタホーム:トヨタグループで開発したオリジナルエコキュート(自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器)の採用や太陽光発電システムで排出CO2を大幅に削減。「シンセ・カーダ モード」は冷暖房、給湯、照明、家電などのCO2排出対策を施して「実質CO2ゼロ住宅」を実現している。

●三井ホーム:ツーバイフォー工法による「ECO Design」は(財)建築環境・省エネルギー機構の環境共生住宅認定を取得している。屋根瓦一体化ソーラーシステムや据置型ソーラーシステムで3kw以上の発電量を確保。

●パナホーム:オール電化仕様の「ソラーナ・ユールキア」はIHクッキングヒーターやCO2冷媒ヒートポンプ式電気温水器、エコキュートなどの先進設備に、自然換気と機会換気を併用したハイブリッド換気システムが特長。エアコンの運転期間も短くて済み優れた省エネ性能を持つ。


ソーラーシステム導入は無料の見積比較サービスを利用する

無料で数社から太陽光発電システムの見積もりがとれる便利なサービスがあります。サイトの見積り依頼フォームに、必要事項と設置予定場所、築年数、屋根材の状況、日照条件、屋根形状などを入力して送信すればオーケー。居住地域に密着した施工会社に匿名で相談可能ですので、しつこい営業販売もありません。ソーラーシステム導入には、便利な無料見積比較サービスを上手に利用してプランを立てるのが合理的ですね。詳細は→◯ 太陽光発電システム見積比較.com


太陽光発電システムっていくらぐらいかかるの?

スポンサーリンク