スポンサーリンク


夕方にお腹がポッコリ膨らむガス腹は、腸の運動不足やストレスが原因。

夕方になるとお腹の回りが太って洋服やズボンがきつく感じる。おならを我慢することが多く便秘気味になってしまった。こんな症状を自覚したことのある人は多いと思います。これはガス腹とよばれる症状で、腸の中にガスが溜まって膨張した状態になっているのです。このガスは、腸がタンパク質を分解するときに発生するもので、イモ類や豆類、肉類や乳製品などタンパク質を多く含む食品を摂ると発生しやすくなります。


また早食いや暴飲暴食によって、腸の消化吸収に負担がかかると異常発酵が起きガスが大量に発生します。ほかにもビールやコーラなどの炭酸飲料を飲んだときにも、腸内のガスの量は増えます。しかしガス腹の最大の原因は、食事と一緒に無意識に飲み込んでしまっている空気なのです。ガムを噛むときなどに飲み込んでしまっている場合も多く、一部はげっぷなどで排出されますが、そのほかはゆっくりと食道や胃を通過して、夕方頃に腸にいたり、ガス腹の原因となるのです。

腸内のガスが、おならとして速やかに排出されていればガス腹はおこらないのですが、人前でおならをするのは恥ずかしいし、失礼だということもあって我慢する人が多いのです。これがガス腹の原因となる場合が多いのです。また運動不足気味の人や冷え症の人は腸の蠕動運動が弱くなって腸にガスが溜まりやすくなりますし、ストレスを感じやすい人も腸が緊張して働きが衰えてガスが溜まりやすくなります。ですから腸内環境を整えて良好にすることがガス腹解消の基本です。
      ↓
ガス腹や便秘でお悩みの方にぜひ試してほしいオリゴ糖とは  

ガス腹や便秘は「腰たたき」や「背中のこぶし当て」体操で解消できる。


ガス腹になると、お腹が張ってしまうので不快感に悩まされます。これは溜まったガスが腸を圧迫して蠕動などの動きを妨げることによります。さらに重度になると心臓や腎臓などの臓器までも圧迫するようになり、同期や血流障害を生じる場合もあります。

腸に溜まったガスを体外に排出するためには腸の正常な働きを取り戻すことが大事です。腸の機能異常は腰の筋肉が緊張して凝ってしまっていると引き起こされやすいので、腰の筋肉をほぐしてリラックスさせてやる体操で改善されることが多いのです。

●腰たたき刺激法:椅子に座って背筋を伸ばし、両手を腰の後ろで揃えて握り、手の甲部分でお尻の線のすぐ脇をポンポンと軽やかにたたきます。たたきながら腰に刺激を与えるように徐々に上に移動させたりウエストラインの上下をたたいたりしてまんべんなく刺激を与えます。腰の筋肉が気持ちよくリラックスできるよう、たたくリズムや手の甲の角度なども変えていろいろ試してみてください。

●背中のこぶし当て刺激法:硬めのふとんの上に仰向けに寝て両膝をたてます。左右の手で握りこぶしを作って背骨を挟み込むように両こぶしをあてがい、腰を押し付けるように4〜5秒力をかけて押し込み、3秒静止後、力を抜く、この運動を3〜5回繰り返します。自分の背中のラインにあってさえいれば、こぶしのかわりにテニスボールやゴルフボール、快癒器などを用いても良いでしょう。


便秘・ガス腹の解消にはオリゴ糖の摂取で腸内環境を整えるのが早道

●オリゴ糖の摂取:腸内のガスの発生を抑えて体外にスムーズに排出する一つの方法として、オリゴ糖の摂取があります。

オリゴ糖は腸内環境を整える善玉菌・ビフィズス菌のエサになり、ビフィズス菌を活性化させて大腸菌など悪玉菌の勢力を抑えます。また、オリゴ糖は体に吸収されにくいので、ダイエット中でも太る心配がなく安心です。

毎日のコーヒーや料理に少量加えるだけでいいので、簡単に摂取できてリーズナブルなのも魅力です。1日スプーン一杯でオーケー。掲載バナーのショップでは上質な天然ピートオリゴ糖(ラフィノース)およそ1ヵ月分がリーズナブルな価格で購入できます。便秘やガス腹対策には、まず手軽なオリゴ糖から試してみることをおすすめします。
      ↓


スポンサーリンク