スポンサーリンク


脱水症状(脱水状態)の見分け方と適切な応急処置方法

人間の体は、その約60%が水分によって構成されています。これらの水分は通常は血液や細胞の間などに蓄えられていて、体の各部に酸素や栄養を運ぶ媒体となったり、不要なものや有害なものを体外に排出するなどの重要な働きをしています。そして体内の水分が常に一定量に保たれるように調整しているのです。



風邪や熱中症、下痢・嘔吐、運動などの激しい発汗によって体の水分が失われ、脱水状態になると、のどがかわいたり、おしっこが出なくなったり、また頭痛、めまい、倦怠感などの脱水症状を起こし、重症の場合は意識を失ったり命に関わる場合さえもあります。

脱水症状が起こりやすい状態は、汗をたくさんかいた時や、発熱、下痢、嘔吐などを起こしたときに体から急激に水分や塩分が失われたときです。熱中症などが話題になる夏以外の季節にも起こりますから注意が必要です。

成人の体内には約60%の水分がありますが、子どもの場合は年齢が低いほど体内の水分比率は多くなります。新生児や赤ちゃんなどの乳幼児では、約80%が水分なので脱水状態に陥りやすく注意を要します。

▼ 携帯型熱中症計と熱中症指数モニター

また高齢者は逆に水分比率が約50%と低くなり、体に水分を蓄えにくくなっています。水分の摂取が少なくなりがちで自覚症状も小さいために脱水状態になりやすいのです。

いつでも簡単に測れる、携帯型の熱中症計が市販されています。野外での作業やスポーツ時はもちろん、室内にいる時でも熱中症の危険性を5段階で表示します。センサーが10分おきに気温と湿度を計測して、熱中症の危険性をLEDライトの色とブザーで警告してくれる見守り機能付きや歩数計付きがあり、ストラップで首からかけて使用できるので熱中症の予防に役立ちます。

ドクター水素水:活性酸素を抑制する水が家庭で簡単に作れるスティック


脱水症状には水ではなく、電解質や糖質を含む「経口補水液」の補給が最適

子どもが風邪の発熱で激しい発汗をしたり、また下痢や嘔吐を繰り返しているときには、水分の補給が足りなくなって脱水症状にいたる可能性が考えられます。こういうときにはひとまず水分を飲ませてみて、症状や様子を良く観察します。

注意すべき点は、
●皮膚や口の中が乾燥していないか?
●目が落ちくぼんでしまっていないか?
●おしっこの量が少なくなっていないか?
●泣いているのに涙が出なくなっていないか?
などです。

これらの症状が観察されるような場合は重症化している可能性もありますので、急いで医師の診察を受ける必要があります。

発汗や下痢・嘔吐などで失われるのは水分だけではなく、ナトリウムやカリウムなどのミネラル(電解質)も含まれています。脱水症状はこれら両方が不足して起きる状態ですので、水だけを補給しても十分ではなく、かえって危険になる場合もあるのです。急いで体調を回復するためには、水以外に、これらのミネラルやエネルギーとなる糖分なども必要になります。

水道水よりも硬水ミネラルウォーターや市販のスポーツドリンクなどが適していますが、電解質や糖分が適切に配合されている「経口補水液」の摂取が最適です。経口補水液は点滴ができないときに輸液として経口使用されることもあります。医師や看護士、薬剤師などの指導に従って補給するとよいでしょう。

オーエスワン(OS-1)という経口補水液が市販されていますが、これを家庭にも常備しておくと安心です(↑)。冷たく冷やすとおいしいので、発熱時の子供でも飲みやすくなっています。緊急時や携帯する場合にはゼリータイプのものが使いやすいので特におすすめです。

スポンサーリンク