スポンサーリンク


緑内障の発症原因は高い眼圧が視神経の障害を起こすため

緑内障は、眼圧が高くなるなどの原因で、視神経が障害を受け、徐々に視野が欠けていく症状。放置すると失明にいたる恐れもあり、日本では40歳以上の人の約5%に緑内障があるとされていて、中途失明の原因のトップになっています。

初期の慢性緑内障においては、視野の周辺部から視界が欠けてきますが、脳が欠損部の情報を補うため、ぼやけてみえるだけで症状になかなか気付くことができません。自覚症状が現れるのは中期の緑内障になってからなので、障害が始まってから5〜10年も経過してしまい、早期発見が遅れてしまうのです。緑内障の検査では、視神経の状態、視野の広さ、眼圧などを調べます。

眼圧は、眼球を内側から押して眼球の形を保っている圧力のことです。この眼圧を調整しているのが「房水」と言う透明な血液で、水晶体と角膜の間を流れて角膜などに酸素や栄養を供給し、角膜の裏側の組織「線維柱帯」を通って排出されますが、この排出口が詰まって房水が流れにくくなると眼圧が上がり、視神経が圧迫されて障害を受け、緑内障が発症します。

緑内障になりやすい人は、視神経が障害されやすい人で、近視の人や家族に緑内障の人がいる場合は発生頻度が高くなるようです。日本の緑内障患者の約70%は「正常眼圧緑内障」と呼ばれる眼圧が正常な緑内障です。

眼圧を下げる治療で緑内障の進行を抑制する

視神経が障害されてしまうと元に戻すことはできませんが、眼圧を下げる治療を行なえば、緑内障の進行を抑制する効果があることが明らかになってきています。

眼圧を下げるための治療法は、大きくわけて3つの方法があります。

●点眼薬・内服薬:点眼薬を使って眼圧を下げる治療法には、房水の生産を抑えるβ遮断薬(チモプトール、ミケラン、ベトプチックなど)や、房水の排出を促す、プロスタグランジン関連薬(レスキュラ、キサラタンなど)、また両方の働きをする目薬などがあります。場合によっては目が乾く、充血するなどの副作用を生じることがあります。緑内障の高い眼圧を下げるための内服薬には、炭酸脱水素阻害薬(ダイアモックスなど)があり、房水の産出量を抑えるはたらきをします。

●レーザー治療:特殊なコンタクトレンズを装着し、レーザーを線維柱帯に当てて詰まりを除き、房水の流れをよくする治療法です。

●手術療法:線維柱帯を切除して房水の通り道を新しく作る手術を行なう治療法です。高齢の患者でも受けられる手術ですが、眼圧が下がりすぎたり、白内障の進行が早まるなどの合併症が発生することがあります。

緑内障の予防は早期発見が第一です。40歳を過ぎたら定期的に眼科の検査を受けて、早期に発見し眼圧を下げる治療を行なうことが重要です。普段から時々片目を閉じてものを見て、見え方に変化がないかをチェックしてください。 また偏食を避けバランスのよい食事を心掛けること、適度な運動を行なうことも予防には有効です。糖尿病など、緑内障の原因となるものにかからないよう生活習慣にも気をつけましょう。


スポンサーリンク