マルセイユ石鹸

天然素材(オリーブ油、パーム油、ヤシ油)を使用し、世界中で愛されているピュア・ナチュラルな石鹸。オレイン酸を含む細かな泡は保湿性に優れ、上品でしっとりした洗い上がりに。入浴、洗顔、洗濯用として最適なフランス製高級石鹸です。

関連リンク
●オリーブオイルシャンプー

マルセイユ石鹸は天然素材。肌にうるおいを残ししっとり優しく洗い上げます。

 フランス南部、地中海に面した都市マルセイユでは、9世紀ごろから石鹸が製造され、発展を続けてきました。17世紀にルイ14世が他の地方での石鹸の製造を禁じ、独占権を与えるとともに伝統職人による「手作り」のみで作るという厳しい製造基準を設けたため、高度の品質を保ち続け、貴族や上流階級の人々に愛用される世界的に有名な石鹸となりました。


 マルセイユ石鹸は、約150年前から続く伝統的な石鹸の製法で、昔ながらのレンガ作りの設備の大釜で何日も掛けてオリーブ油を鹸化。天然素材(オリーブ油、パーム油、ヤシ油)を原料とし、余計な添加物を一切含まない無着色・無香料なので、体に悪い影響を及ぼさないばかりか、オリーブオイルが肌を守りながら、きめ細かな泡で優しく洗いあげ、洗い上がりのお肌をしっとりとうるおいを保ちます。

 アトピー症など肌の弱い人や敏感肌の人、また赤ちゃんにも最適。マルセイユ石鹸は化粧石鹸ですが、洗顔も洗髪もボディ全身も洗え、食器洗いや洗濯まで、何にでも使えます。使用後は微生物によって分解され、水に完全に溶けるためまた環境に及ぼす影響もほとんどありません。



マルセイユ石鹸(ビッグバー)の作られ方と使い方。

 現地マルセイユの石鹸工場では、原料を大釜に入れてゆっくり煮た石鹸を塩水で洗い、不要なソーダ成分を取り除いたあと、熱を保った石鹸ペーストを2日ほど寝かせて水洗いします。それを北風ミストラルにさらしてゆっくり自然乾燥させます。ある程度乾いた石鹸を大きなブロックに切り出したのち、一片が2〜2.5kgの棒状(ビッグバー)にカットし、一本ごとに刻印を入れ、さらに3週間自然乾燥させます。


 マルセイユ石鹸・ビッグバーに付属しているカッティングワイヤーで、お好みのサイズに切って使用します。製造後、時間の経過とともに硬化して若干切りにくくなりますから、はじめに切り分けてしまうほうが良いでしょう。