床暖房とエコウィル

エコウィルは、自宅でガス発電をした排熱を利用して、給湯をし暖房もするというシステムです。電気代を大幅に節約でき、エネルギーを有効に利用できるので、家庭のランニングコストを大きく下げることができます。導入には国の補助をうけることができます。

関連リンク
●エコリフォームの補助金制度
●ミストサウナを自宅で

ガス温水床暖房は、部屋をすばやく優しく暖めてくれるので快適。

 寒い冬、赤ちゃんや小さなお子さまのいる、子育て中のファミリーでは、暖房設備にも気を使わねばなりません。元気な盛りの子どもたちが走り回ってストーブを倒したり、やけどをしたり、のどを痛めたりしないように、家事で忙しいママも暖房器具や換気には常に注意をしていなければならず、大変ですね。ガス温水床暖房は、空気も汚さずやけどの心配もありません。安心して利用できて、たっぷり暖かさが実感できるガス温水床暖房なら、外は雪でも室内はぬくぬくの楽しい冬を過ごせます。


 ガス温水床暖房は、その名の通り、ガスで暖めた温水を循環させて床下から暖房する仕組みです。パネルに組み込まれた温水管を約60℃のお湯がくまなく通って、その熱が部屋の空気を暖めます。ガスのメリットは立ち上がりが早いので、素早く室内全体を暖めてくれることです。厳冬期には、タイマーを使用してお寝覚め前に暖房をスタートできるなど、常に快適な朝を迎えることができます。


 一般の暖房では暖かい空気は上昇しますので、温みが天井のほうへあがってしまい、また温風によって乾燥に拍車がかかってしまいがちですが、ガス温水床暖房は、足元から来る熱が室内全体を循環しますので、部屋の隅々まで暖かです。いわゆる「頭寒足熱」の理想的な状態をつくり、冷え込みが厳しい日でも、室温をそれほど高く設定しなくて十分快適になります。


ガス温水床暖房は、空気を乾燥させない、汚さない。やけどの心配もありません。

 はじめての冬を迎える赤ちゃんや、元気盛りのお子さまのいるママにとって、ストーブは心配の種です。部屋が暖まっても、空気が乾燥してしまったり、汚れてしまったのでは大変心配ですし、子どもがうっかりさわってしまい、やけどをする危険もあります。ガス温水床暖房なら、そういう接触事故の心配はありませんし、呼吸器にもやさしいところがメリットです。


 床をフローリング仕上げにしておけば、ダニやカビなどの繁殖を抑えることができて、掃除も楽ちんです。常に室内を清潔に保てるので、小さな赤ちゃんや、ぜんそく・アレルギー体質のお子さまにとっても、安心・快適な暖房ができます。温度の調節や、ユニットごとの暖房部分の切り替えができますから、工夫して使えば、より経済的な室内暖房が可能です。