あなたはセラミド不足で乾燥性敏感肌になっていませんか?


乾燥性敏感肌とは肌の表面近くの角層にあるセラミドという物質が不足がちになり、紫外線(UV)などの外部からの刺激に対するバリア機能が低下したうえ、肌の内側にあるうるおい成分が外部に蒸発するのを防ぐことができなくなった肌のことで、トラブルが起りやすい状態の肌です。

特に冬の間に乾燥を続けた肌が、突然、春の紫外線にさらされたときや、出産後のホルモンの不安定な時期などになりやすい肌が乾燥性敏感肌です。

あなたの肌は以下の項目に対して心当たりがありますか?思い当たる数が多ければ、乾燥性敏感肌の疑いがありますので、適切なスキンケアをする必要があります。

63種類の植物成分を調合
自然のちからを
最大限生かした化粧品


医師も高く評価した
効果と安全性!
オラクル トライアルキット

季節の変わり目になると肌のトラブルが起きる。
乾燥する季節は肌がカサ付き化粧がのらない。
乳液・化粧水をつけても肌が乾燥する。
部分的に粉が吹いたように乾燥する。
洗顔後、肌がつっぱったりひりひり感じたりする。
服の素材によってチクチクすることがある。
肌に髪が触れると刺激を感じることがある。
化粧品でヒリヒリしたり赤くなることがある。
汗でムズがゆくなったりする。
ストレス、疲労、睡眠不足になるとよく肌荒れが起きる。

いかがでしょう。思い当たる項目がいくつありますか?

800万本突破の[薬用]深層保湿スキンケア。お米生まれだから、肌に優しい。


デリケートな乾燥性敏感肌のスキンケアとUV(紫外線)対策のポイントは。

クレンジング不要で、
肌ストレスフリー


皮膚科採用のミネラル
ファンデーション!
お試しセット



赤ちゃんから肌に敏感な
ママまで安心して使える


お肌にやさしい
自然派よもぎ商品


乾燥性敏感肌になると、セラミドが不足がちになって肌の中の水分を保つことができなくなるうえ、肌のバリア機能も低下してしまい、少しの刺激でも肌にトラブルを起こしやすい状態になっているのです。そういう状態の肌に照射される紫外線は、強烈な刺激とダメージを与えてしまいがち。乾燥性敏感肌の場合は、常に十分な紫外線対策をおこなって、しっかりとガードする必要があります。

では乾燥性敏感肌の人はどのような紫外線対策をすればよいのでしょう。

まずは肌への負担の少ないUV対策を心がけるのがポイントです。注意すべきはクリームやローションなどの含有成分の、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤で、『紫外線吸収剤』が含まれておらず『紫外線散乱剤』含有のものを選びます。

紫外線散乱剤とは、酸化チタンなどで紫外線を物理的に乱反射させて皮膚に影響を及ぼすのを防ぎます。これを主成分とし、無香料・無着色・アルコール無添加などの低刺激成分のものを選びましょう。肌に負担をかけずに紫外線を防げますので、乾燥性敏感肌のスキンケアには最適です。




スポンサーリンク