スポンサーリンク

炭水化物を減らしてもやせない理由

ダイエットのために食べる炭水化物を減らしているのに、なかなかやせないという人は、炭水化物の摂取量を減らし過ぎていることが多いのです。炭水化物は取り過ぎると体脂肪になりやすいので、確かに太る原因なのですが、体を維持するエネルギー源として大切な栄養素のひとつでもあるのです。

炭水化物の摂取量を減らし過ぎると、脳が、体に必要な栄養源が足りない飢餓状態だと判断して、次の食事のときの栄養を体の中に貯め込むように指令を出してしまうので、かえって太りやすくなってしまうのです。

また、炭水化物は摂るとすぐにエネルギーになる栄養素なのですが、食べた物がエネルギーに変わる時には熱が生み出され、その熱によって体を温めて代謝を高めるはたらきをしています。炭水化物の摂取を急に減らしてしまうと、体の中に熱を生み出しにくくなるので体が冷え、代謝能力も下がってしまいます。

代謝が悪くなると、かえって痩せにくい体質になってしまいがちなので、極端な炭水化物の制限は、ダイエットにはマイナスになることが多く、体の代謝を良くしてやせやすい体にするためにも総摂取カロリー量の半分程度は炭水化物から摂るようにする必要があるのです。




太らない炭水化物とは、どんなもの?

炭水化物を摂り過ぎると太るのは、炭水化物を食べることによって急に上がった血糖値を抑えるために分泌されるインスリンが、余分の糖を脂肪細胞に送る働きをしてしまうからです。このことにより体脂肪が蓄積されやすくなって太ってしまいます。ですから、血糖値を急激にあげないような(GI値の低い)炭水化物を選んで食べることが大切なのです。

食べても、血糖値上昇率(GI値)の低い炭水化物にはどんなものがあるかをピックアップしてみます。米類では、発芽玄米などが低く、精白米や餅が高くなります。パン類では、全粒粉やライ麦のパンが低GI、フランスパンは高くなります。麺類では、そばが低くてうどんは高いです。ダイエット中なら、血糖値上昇率の低い炭水化物を選んで食べるようにするとよいでしょう。

また、炭水化物と一緒に食物繊維の豊富な食材を食べる、酢の物と一緒に食べるなども太らない食べ方のひとつです。食物繊維やお酢には糖質の吸収を遅らせる働きがあり、血糖値の上昇を穏やかするので、低GI値の炭水化物と組み合わせると太りにくい食事に。黒酢やサプリメントを併用するのもよい方法です。

炭水化物は体に重要な栄養素のひとつで、とり過ぎれば太りますが、減らし過ぎてもやせないという性質を持っています。脳を正常に働かせるためには一日にごはん2杯(約100g)程度の炭水化物量が必要なので、減らし過ぎないよう注意してダイエットを行なってください。


栄養バランスを考えて 置き換えダイエットを

スポンサーリンク