免疫力は高すぎても低すぎてもNGです



免疫力とは、外部から侵入するウイルスなどを退治して体を守ったり、病気を治そうとするカラダのシステムのこと。

免疫力を高める食事や免疫力をアップするサプリメントなどが話題になっていますが、免疫力は高すぎても低すぎてもダメなのです。免疫バランスを整えて正常な状態にすることが健康につながるのですね。

免疫力が強いと、風邪をひきにくくなったり、インフルエンザや生活習慣病、ガンなどの予防につながります。

免疫力が低下する原因としては、加齢によるもののほか、睡眠不足やストレスの蓄積などがあります。忙しい仕事や複雑な人間関係でストレスを感じることの多い人は、ストレスからの脱却が免疫力の向上につながります。

免疫力が低すぎると、皮膚が炎症を起こして吹き出物ができたり、血行障害による肩こりや腰痛、生理痛、冷え性などが現れてくることがあります。逆に免疫力が高すぎてもいけません。鼻水やくしゃみが頻繁に出るようになったり、皮膚にかぶれが出たり、虫さされで過剰に腫れ、かゆみを生じたりします。刺激の少ない生活習慣や運動不足で筋力が低下している人、アレルギーのある人などは、免疫力が高すぎる場合が多いようです。


免疫力の異常は過度のストレスや運動不足などによって起こる

免疫力の働きの中心になっているのが白血球で、白血球は顆粒球、リンパ球、マクロファージの3細胞で構成されています。ストレスなどで自律神経が乱れて交感神経の緊張状態が続くと、これらのバランスが崩れてしまい、免疫力が低下してしまうと言われています。

スポンサーリンク


では、白血球の構成バランスが崩れて免疫力が正常でなくなるとどうなるのでしょう。ストレスなどにより顆粒球が増加し過ぎると、過度に常在菌を攻撃して化膿性の炎症を起こし健康に有害な活性酸素を出します。また血行障害を起こし、組織の再生にも悪影響を与えるので病気にかかりやすくなってしまいます。

逆に免疫力が高くなり過ぎるとリンパ球が増えて、体が過剰反応を起こしやすくなります。花粉症やアトピー性皮膚炎、うつ病や自己免疫疾患になることも。だから免疫力は高すぎても低すぎてもNGなのです。

生活が不規則になりがちでストレスも溜まりやすい現代のくらしでは、免疫力も下がりがち。ストレスの解消につとめ、適度な運動をして、質の良い睡眠をとる。そして喫煙や過度の飲酒を控えることが免疫力を正常に保つポイントです。そして免疫力を上げる食事やサプリメントなどを正しく摂ってサポートしましょう。これらは現代人の健康や美容のほとんどに共通することがらですね。


免疫力を高めたり免疫バランスを整えるのに役立つアイテム

免疫力強化で風邪を予防するサプリメント

【免疫ミルク】いつまでも若々しく元気でいたい方

女性のためのハーブカイロ よもぎホットシート


スポンサーリンク