巻き爪がおこる原因と予防法

巻き爪(まきづめ)とは、爪の両端が強く内側に巻き込むように湾曲して、爪の下にある皮膚を挟んだり、食い込んだりして強い痛みを発する症状。巻き爪はおもに足の親指に起こることが多いのですが、親指以外や手の爪に発生することもあります。放置していると、巻き爪が伸びるたびにさらに深く皮膚に食い込んでくるので痛みがだんだんひどくなってしまいます。


巻き爪の原因は、遺伝や靴の形状によることもありますが、ほとんどの場合が、間違った爪の切り方をして、切り残しを作ってしまったり、横部分を深く切り落としたりしたものがまた伸びて、さらに深く食い込むという悪循環を引き起こした結果です。予防するには、巻き爪が軽度なうちから両端を深爪に切ることを避けて浅く一直線に切るようにします。

巻き爪が重度になると、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こす陥入爪に発展して、痛みとともに出血や化膿を引き起こす場合があります。また爪水虫も巻き爪の原因になる場合があるので気を付けましょう。消毒薬などで患部を清潔に保つ注意が必要です。

爪にはもともと指の曲面に沿って巻こうという性質があるのですが、指の腹部分に適度な圧迫が加わることでそれを防いでいました。足に合わない靴を履いていると巻き爪になりやすいので、つま先に少し余裕を残しながらも靴の中で足が前すべりしないような靴を選びましょう。


巻き爪を自分で治す方法とケアグッズ

軽度な巻き爪なら自分でも治せる場合があります。爪の巻き込んだ部分に弾力性のある棒状のものを挿し込んで外に弾くことを繰り返したり、ワイヤーやテープで爪を伸ばすようにして矯正する方法が紹介されています。

スポンサーリンク


しかし重度な巻き爪で激しい痛みを伴う場合や、化膿や炎症が激しく肉芽ができたような場合、また赤ちゃんや子供の巻き爪などは、専門の治療院で治療や施術を受けたほうが良いでしょう。

巻き爪の予防に有効なグッズとして、専用爪切りや爪ヤスリ、プロテクトクッションなどが販売されていますので下記に紹介しておきますが、巻き爪の悪循環を防ぐには、まず決して爪を深く切らないことや、削らないことが大切ですから気をつけてください。

爪を浅くまっすぐ一直線に切って巻き爪を予防するためには、これらの爪切りは有効です。その点に注意してご使用ください。



巻き爪予防に有効なフットケアグッズ



スポンサーリンク