スポンサーリンク

足底筋膜炎は足を接地する時にかかとが痛む症状です

足底筋膜炎は足底腱膜炎とも呼ばれていて、足を接地する時に足の裏の特にかかと周辺が痛みます。

これは、かかとの骨と足の指のつけ根までアーチ状に張られている足底筋とよばれる腱の炎症や断裂が原因で、中高年男性やランニングやマラソンのトレーニングをするスポーツ選手などによく発生します。


足底筋膜炎対策インソール

インソールプロ(足底筋膜炎対策) L
インソールプロ
(足底筋膜炎対策)L

足底筋膜炎の原因は、加齢によるものをはじめ、長時間の立ち作業や固い靴底の靴の使用、肥満による足への負担の増大なども考えられます。中高年の人が足底筋膜炎による痛みを感じはじめた場合は、まずは足裏に衝撃を与えるような、走ったり跳んだりするような激しい運動は避け、歩行もなるだけ控えめにして安静にすることが大切です。

足底筋膜炎の治療は、軽い炎症の場合なら安静にしていれば徐々に痛みが軽減して完治することもあります。炎症や痛みを抑えるために抗炎症剤の湿布やステロイド剤を投与したり、アイシングやマッサージをするのも効果があります。また足底筋を支援するアーチサポートや中敷きインソール、ヒールカップなどを装着するのもたいへん有効です。しかしかかとのひどい痛みが長く続き、慢性化したような場合は外科手術が必要になる場合もあります。

足のニオイをスッキリ解消する消臭パウダー登場!


かかとの痛みを緩和し、足底筋膜炎の自然治癒を促す装具

足底筋膜炎の治療に有効なのが、足全体に敷いて使う、足底板、アーチサポート、中敷インソール。かかと部分だけに装着する、ヒールカップなどがあり、中敷インソールやヒールカップは通販でも売られています。土踏まずの部分に使用する足底板やアーチサポートは足にあわせて作成する装具で、医師の処方で作ってもらいます。

中敷きインソールは、かかとの中央に体重がかかりにくい形状になっているインソールで、かかと部分の痛みをやわらげ、足のアーチもサポートします。ヒールカップは靴のかかと部分に敷いて使うもので、柔らかなシリコンで成形されています。ヒールカップの中央部は特にやわらかいので、かかとが接地したときの衝撃と痛みをやわらげてくれます。

これらの装具を使いながら、足裏に衝撃のかかりやすい行動は避けて安静を心がけていれば、足底筋膜炎はセルフケアでも自然治癒することが多いのです。また足裏のストレッチも効果的で、つま先立ちをして足首を反らせ、足裏の腱を伸ばすようにするストレッチを行ないます。個人差はありますが自然治癒まで早くて数ヶ月、半年から数年かかる場合もありますので、根気よくフットケアを続けることが大切です。

足底筋膜炎対策用インソール製品一覧
外反母趾の悩みを解消する「外反母趾サポーター」

スポンサーリンク