スポンサーリンク

いぼにはウイルス性・老人性・みずいぼなどの種類がある

目立つところにできると気になるいぼ。いぼには、ヒト乳頭種ウイルスと呼ばれるいぼウイルスによってできるウイルス性のいぼ(ウイルス性疣贅)と、加齢による皮膚の老化によってできる老人性のいぼ(脂漏性角化症)があります。

ウイルス性のいぼには尋常性疣贅、青年性扁平疣贅などがあり、尋常性疣贅は、ざらざらとした表面の固いしこりが頭皮や首、顔、足の裏などをはじめ体のどの場所にもできてきます。青年性扁平疣贅は、顔を中心に多数できる扁平なしこりで、こちらの場合表面はあまりざらつきません。

老人性のいぼは、中高年の人の顔などに多発するいぼで、褐色や黒く色づいたものが多いです。加齢と紫外線の影響でメラニンが蓄積された老人性のしみの表皮細胞が大きくなって良性腫瘍化したものです。ほかにも子供に多く見られる水いぼ(伝染性軟属腫)があります。表面がつるっとして中央部がすこしくぼんだ形のいぼがみずいぼです。いぼの種類は見分けにくいので皮膚科の診断を受けて特定してもらいましょう。

尋常性疣贅や水いぼはウイルスの種類は違いますが、どちらも直接接触で伝染します。気にして触ったり薬液で取ろうとしたりするとウイルスが周囲について広がってしまう可能性がありますので注意してください。

皮膚科医も絶賛!シミ対策美白スキンケアb.glen


いぼの除去は液体窒素スプレーで凍結させるのが一般的

ウイルス性や老人性のいぼは、液体窒素スプレーをいぼに当てて凍結させ、凍傷を起こして壊死させる方法が一般的です。皮膚科外来で毎週一回凍結をおこなえば、かさぶたになって数回でとれてしまうことがほとんどです。ただ、あとに色素が残ってしまったり、しばらくするとまたいぼができてくることがあります。何回か治療を繰り返して根気よく治すことが必要です。

液体窒素はマイナス190℃以下の超低温物質なので市販品のスプレーを入手するのは困難です。最近では携帯用の冷却スプレーで、マイナス45℃の冷気を噴出する製品 も発売されていますが、いぼの除去は皮膚科で正しい治療を受けましょう。

みずいぼは伝染性が強いので、数の少ないうちに治療することが大切です。一般的な治療法はピンセットを用いて圧出しますが、多少の痛みを伴いますので局所麻酔をする場合もあります。そのほか現在行なわれている主な治療法として、サリチル酸外用、電気凝固法のレーザー療法、内服や軟膏による治療もあります。

肌が角質化してできる老人性のいぼにはハトムギエキス(ヨクイニンエキス)やリピジュアなどを配合した軟膏やクリームも効果があります。ビタミンC誘導体やヒアルロン酸も配合されたスティックタイプや浴室で使えるジェルタイプ、ローションタイプの製品も通販されていますので、定期的な通院が困難な人などは自宅でケアしてみてはいかがですか。
     ↓
ハトムギエキス配合 いぼ対策クリーム「ぽっつるん」

また、いぼは古来「まじない」によって取れるとされていて、地方によってさまざまな方法が伝わっています。まじないが実際にいぼの自然治癒に効果のあった症例も多いのです。いぼって本当に不思議ですね。

◯ジェルタイプでつけやすいチビイボをケアしたい方に「リアージュエッセンス」

スポンサーリンク