スポンサーリンク

ひざの痛みは膝用サポーターで膝関節を固定・保温してケア

膝(ひざ)の痛みの原因を大きく分けると、加齢によるものとスポーツによるものがあり、加齢が原因となるひざの痛みには変形性膝関節症や関節リウマチなどがあります。膝の痛みを放置すると痛みを避けるために運動不足となり、さらに関節に負担がかかって症状が進む悪循環におちいる可能性がありますので、整形外科を受診したり膝サポーターなどのグッズを使用して適切な対処をすることが大切です。

膝サポーターは、ひざの周辺部を加圧固定して安定させることで、ひざにかかる負担を軽減するものや、保温や遠赤外線効果でを血行促進してケアするタイプのものがあります。以下にひざの痛み用サポーターの代表的製品をピックアップして特長を紹介します。自分のひざの調子や目的に合うタイプのサポーターを選んで使い分けると良いでしょう。


薄手のベルトで快適。着脱簡単なひざ用サポーター

●お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ



7350円
お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプは、ひざのじん帯を短いシングルベルトでサポートし、左右前後のブレを防いでひざの痛みを和らげるタイプのサポーターです。シングルベルトなので、ワンタッチで装着でき簡単に取り外しができます。ひざの裏部分には伸縮性と通気性に優れたメッシュ素材を採用。快適で日常の動作もスムーズ。ひざの皿部分にはパッドが入っているので楕円形に優しく包んでズレやブレを防ぎます。

◯詳細・購入は→ お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ


内蔵された特殊ゲルがひざ関節の筋肉を加圧補助

●加圧式ひざ用ゲルサポーター



ホワイト・ブラック 各4179円
加圧式ゲルサポーターの特長は、ひざの回りに配置された特殊ゲルが、ひざの筋肉を包み込むようにして動きを安定させ、ひざ関節を支える筋肉を加圧補助するところです。内蔵された特殊ゲルには保温効果もあるので、ひざの冷えを防ぎ、じんわり温めて痛みを緩和します。膝の痛みをやわらげるとともに、弱った筋力を強化することで痛みの原因を改善していく膝サポーターが加圧式ひざ用ゲルサポーターです。

◯詳細・購入は→ 加圧式ひざ用ゲルサポーター


寝ている間に磁石と遠赤素材が血行促進する膝サポーター

●メディカルマグネッカーDX ひざ用



レッド・ブラック 各4725円

メディカルマグネッカーDX ひざ用は、夜着用する医療機器サポーターです。医療用磁石90mT(ミリテスラ)の磁束で、膝痛、コリ、血行を改善し、ゲルマニウム・備長炭・チタン・竹炭の立体ドット遠赤素材による抜群の保温効果を発揮します。寝ている間に適度な加圧と保温と磁石の作用でこりを芯からほぐして血行不良による膝痛やコリやハリを改善。もちろん、着けたまま歩いても大丈夫です。

◯詳細・購入は→ メディカルマグネッカーDXひざ用


ひざ用サポーターと低周波治療器が合体。一日10分でOK

●ひざ専用サポーター型低周波治療器 歩行楽

歩行楽 〜ひざ専用の低周波治療器〜
ひざ専用サポーター型低周波治療器 歩行楽は膝サポーターと低周波治療器が合体した膝治療サポーターです。サポーター型なので装着が簡単。ボタンホック式の低周波操作盤をサポーターに装着し、膝に巻いてスイッチオンするだけで膝の治療ができます。「ほぐす」「もむ」「つかむ」の3つの治療モードがあり、強さが5段階調整できるので、痛みに合わせた治療が行なえます。一日10分、ひざに巻くだけでオーケーです。

◯詳細・購入は→ 歩行楽 〜ひざ専用の低周波治療器〜


ひざ関節を直接圧迫しないので運動しやすいサポーター

●バイオメカサポーター膝関節



6300円
バイオメカサポーター膝関節は、膝関節自体を圧迫・固定しない構造。膝を幅5センチのベルトが周回するだけなので、装着による不快感がないことや運動がしやすいのが特長です。しゃがむ動作や正座なども楽におこなえるので日常生活を妨げることなく、痛みを楽にして姿勢や歩行を補正します。

◯詳細・購入は→ バイオメカサポーター膝関節



膝の痛みやトラブルに便利なおすすめグッズ

●携帯用正座椅子 正座楽
膝が痛んだり、曲がりにくいのに、お葬式や法事、お稽古ごとなどで長時間の正座をしなければならないときに携帯用の正座椅子があると便利です。お尻の下にサツと敷いて座るだけで簡単に使えて目立たないので安心。面テープで高さが自由に調節できます。軽量で折りたたむと19cm×11cmとコンパクトになり携帯も便利です。詳細は→ 軽量薄型正座椅子「正座楽」



スポンサーリンク