紫外線から肌を防御する日焼け止め化粧品

海や山などアウトドアのレジャーで注意しなければ行けないのが強い日射しと日焼けです。太陽の日射しには肌や健康にさまざまな悪影響をおよぼす紫外線(UV)が含まれています。


昔は夏に日焼けをしておくと、冬に風邪をひかないなどといわれ、子供や赤ちゃんの日光浴を奨励する傾向がありましたが、最近では将来に皮膚がんを発生する可能性が高まるなどの悪影響が知られて、日焼けが避けられるようになってきました。現在でも、適度な日光浴は健康に良いとされていますが、昔のような日焼け真っ黒=元気な子というイメージはあらためたほうが良さそうです。

日焼けの原因となる、日光に含まれる紫外線(UV)は目には見えません。肌の色を黒くしたり赤くヒリヒリさせたりする紫外線には、波長の長いA波と波長の短いB波があり、それぞれ肌に及ぼす影響が異なります。A波(UVA)は肌の奥まで浸透して色を黒くするほか、シミやしわの原因になります。またB波(UVB)は肌の表面を赤く焼き、炎症させてヒリヒリと痛ませます。日焼けを防ぐためには、UVAとUVAの両方をブロックする必要があります。

日焼け止めには紫外線を吸収して熱変換するタイプの吸収型と紫外線を反射して跳ね返してしまうタイプの散乱型の防御剤が配合されているものがあります。一般に日焼け止め化粧品には複数の防御剤が配合され、それに加えて美肌成分などが添加され、それぞれの製品の特長をつくりだしています。


日焼け止めのSPFとPA+の表示とは何?

日焼け止めのパッケージにはSPF50とかPA+++などの表示が見られますが、SPFはB波を、PAはA波を防ぐ性能のことで、数値や+の数が大きいほどその防御性能が高いという目安になっています。SPFは日焼けが始まるまでの時間をどれだけ(何倍)引き延ばせるかという値で、SPF50なら何も塗らない場合の50倍、赤くなるまでの時間を遅らせるという表示です。しかし肌には個人差もありますし、塗り方によっても効果は変わりますから、海水浴などの場合には、2〜3時間おきに塗り直したほうが安心です。

スポンサーリンク


PAの表示は+の数が一個から三個までで表示され、肌を黒くするモトになる紫外線A波を防ぐ強さの目安になっています。PA+++が最も効果が高いので、白い肌を維持したい人はPA+++表示の日焼け止めを選ぶと良いでしょう。赤くヒリヒリ痛むのを防ぎたい人はSPF値の高いものを、色が黒くなるのを防ぎたい人はPA+++の日焼け止めを選びます。両方とも防ぎたい人はSPF50+でPA+++の日焼け止めを選んでください。

それでも日焼けをしてしまったら、肌をよく冷やして炎症を抑えるようにすることが大切。ひどく腫れて痛むような時は皮膚科を受診しましょう。また、黒いくすみが残ってしまった場合はビタミンC配合のサプリメントや美白化粧品で十分なスキンケアを。

皮膚科医も絶賛!シミ対策美白スキンケアb.glen


UV防御効果の高い おすすめの日焼け止め化粧品



スポンサーリンク