美白や美肌に効果のある成分とそれを多く含む食べ物

美白にいい食べ物とは?そしてそのメカニズムはどうなっているのでしょう。

美肌の大敵と言えば、紫外線などによって発生する活性酸素やメラニンです。加齢やストレスなどにより、肌の新陳代謝が衰えていると、このメラニンが排出されにくくなって色素が沈着してしまい、シミやくすみになって美しい肌を損なってしまうというわけです。

ですから、美白のためにはメラニンや活性酸素を抑制したり取り除いたりする作用のある成分を多く含む食べ物を摂ればいいということになります。くすみやシミ・ソバカスなどに効く美白成分はいくつかありますが、なかでも最も代表的なのがビタミンCです。

ビタミンCには美白によいメラニン色素の還元効果を持ち、ハリのある美肌を作るほか、肌トラブルの原因でもある活性酸素を取り除く抗酸化作用も備えています。抗酸化作用を持つ成分は、ほかにもビタミンE、β-カロテン、セレンなどがあります。

また、肌の新陳代謝を高める働きをするものに、ビタミンAやB2や亜鉛が、メラニンの生成を抑えたりメラニンを取り除いたりするものにL-システインなどがあります。


食べ物を美白化粧品やサプリメントでサポートすると効果UP


ホワイテックス
タブレット 240粒

  
美容系アミノ酸
L-システイン100T

   
トマト抽出リコピン
スーパーリコピン60



これら美白に効果的な成分を多く含む食べ物をあげると、

ビタミンC:ブロッコリー、ピーマン、カリフラワー、パセリ、レモン、イチゴなど
ビタミンE:ごま、イワシ、ウナギ、アーモンドなど
β-カロテン:ニンジン、ほうれん草、カボチャ、小松菜など
セレン:ワカサギ、イワシ、小麦胚芽、玄米など
ビタミンA・B2:豚・牛・鶏のレバー、ウナギ、納豆など
亜鉛:カキ、レバー、ウナギなど
L-システイン:大豆、ハチミツなど があります。

美白に良い成分と、それを含む食べ物は上記のようなものですが、スキンケアに必要なだけの量を食べ物だけから十分に摂るのはなかなか大変。食べ過ぎると太ってしまうリスクもあります。

ですから、不足分は美肌サプリメントで補ったり、ハイドロキノンなどの漂白成分が効果的に配合された美白コスメも併用するのが現実的です。とくに美肌・美白化粧品は肌に直接浸透して作用するものだけに高いしみ・くすみ・しわ対策の効果が期待できます。

たとえば美白化粧品では、国際特許の超浸透技術 美白コスメ B.glen がおすすめです。



スポンサーリンク